これで勝率アップ間違いなし!?信用取引の基本と活用方法を知ろう

信用取引の基本を知ろう

証券会社に証拠金として30万円以上を委託することで可能となる取引を、信用取引といいます。要するに証券会社に信用してもらうことで借金をして取引できてしまうんですよ。借金といってもさほど警戒するほどの話ではありません。証券会社によりますが金利は2%から3%の間。クレジットカードの金利に比べるとごくわずかです。とはいえ数百~数千万円単位の大きな取引においては数%の金利も馬鹿に出来ませんから、不用意にホールドしたりせずメリハリのある取引を心がけることが大切です。

レバレッジを効かせてチャンスをしっかり獲得しよう

現物取引においては手持ち資金以上の取引はできませんよね?普通はそれが当たり前の話なのですが、信用取引なら手持ち資金以上の取引が可能なんですよ。たとえば口座に30万円の現金を預けいれば、最高100万円の株式を購入できます。信用取引なら、手持ちのお金が足りなくて鉄板の上昇株を買えなかったというような悔しい思いをすることがなくなります。ただし限度額一杯の取引は、リスクも3倍以上になります。少し予想から外れた時点で損切りをしないと追証が発生してしまうので、リスク管理は徹底しましょう。

あらゆる相場局面に対応できます

信用取引を使いこなすことで投資スタイルの幅は大きく広がります。たとえば下落トレンドにおいても、信用取引は大きな威力を発揮するんですよ。証券会社から借りた株を時価で売り、後に買い戻す空売りと呼ばれる取引手法を使えば下落局面でも利益を得られます。同じ銘柄の現物買いに空売りを被せれば、たとえば株主優待の権利を安全にゲットすることも可能なんです。なぜなら権利取得後にどのように相場が動いても対応出来るからです。このように信用取引は、あらゆる相場に対応出来るだけでなく、お得なテクニックにまで応用が効きます。上手く使いこなして賢く資産を形成しましょう。

信用取引を始めるために必要なものは、30万円以上の現金と審査をパス出来る程度の信用力です。たとえ30万円以上を用意出来ても、証券会社が問題有りと認識したら口座は作れないので気を付けましょう。