高校を中退しても、転校したと思えるような進路

以前の高校中退はたいへんだった

高校を中退するというのは、ひと昔前はかなりの決断を要することでした。中退したら、高校卒業、大学入学という進路がほとんど閉ざされていたからです。大検というのはありましたけどね。これがまあ、理不尽に難しくて、普通に高校を卒業するのと比較にならないほど、通るのがたいへんだったんですよ。よほどの秀才じゃないと大検合格は無理。高校を中退したら、それで学歴は決まりということになってました。でも、現在は違います。

通信制高校に入って卒業する

大検は廃止されて、高等学校卒業程度認定試験というのに変わり、合格するのもかなり容易になりました。でも、範囲が広いでしょう。高校3年間の範囲を憶えていなくちゃいけないんですから、普通に高校を卒業するよりかなりハードルは高いですよ。高校で単位をとるなら、赤点をとっても追試はあるし、補習もあるし、出席日数さえ満たしていれば、卒業は簡単にできます。高校を中退したら、高等学校卒業程度認定試験を目指すより、通信制高校に入って卒業するほうが楽ですよ。

通信制高校に編入か入学か

一年生のうちに高校を中退すると、通信制高校には入学という扱いになります。でも、二年生以降に中退すると、編入という扱いで、中退した高校でとった単位が生かせます。残りの単位を通信制高校でとればいいのです。だから、卒業間際になって中退するということになっても、残りのごくわずかな単位をとればいいだけになるので、それまでの高校生活はまったく無駄にはなりません。通信制高校には学年という考え方もないので、のびのびと学べます。

高校中退しても他の学校や通信制高校に編入し必要な単位を取得することで、高卒資格を得ることができます。