投資を検討している人に!ぜひ使っていただきたい

必要性が高まっています

株式投資があらためて関心を集めています。背景には、少子高齢化が進み、これまで老後の生活設計を頼ってきた公的年金の枠組みが揺らいできているから。政府は、年金財政を改善させるため、制度の見直しをおこない給付総額を抑えようとしています。その分、私たち一人一人の自主努力で資産を殖やし、将来に備える必要性が高まっているのです。そこで1つの選択肢となるのが株式です。預金と違って元本の保証はありませんが、自分に合った投資方法で利益を上げることは十分に可能です。

NISAで非課税メリット

株式投資のもう1つの魅力は、税制上のメリットです。これを支える新しい仕組みが、2014年1月から始まった少額投資非課税制度(NISA)です。キーワードは「少額」「投資」「非課税」の3つです。「少額」とは、その年新たに投資した100万円までが課税を免れます。非課税投資枠は2014年から2023年まで、10年間にわたってNISA用の口座を開設することが可能です。「投資」の対象は、上場株式(外国株式や上場投資信託〈ETF〉、不動産投資信託〈REIT〉)と公募株式投資信託です。

100万円が5年間非課税

「非課税」は、いうまでもなく課税されないということです。1人につき年間100万円までの投資に生じる配当、分配金、譲渡金が、5年間非課税となります。投資収益に課せられる源泉徴収税率20%であることを考えると、NISAのメリットはとても大きいといえます。かりに10万円の譲渡金が生じた場合、2万円あまりをそのまま受け取れるのです。この新制度を使えば10万円をそのまま受け取れるのです。譲渡益は、5年間の非課税期間中に売却すれば、その時点でどれほど値上がりしていても税金を取られることがありません。

株式の信用取引の金利の設定方法については、各業者の基準によって、大きな差が出るため、日頃から信頼のできる情報源を選ぶことが重要です。